FX

中国、アメリカに貿易関税の報復措置

投稿日:

経済ニュース

  • 中国が、トランプ大統領が実施したアルミ、鋼材の追加関税に対して、報復措置を発動
    報復措置として米国から輸入する128品目を対象に4月2日から追加の関税を課すと発表した。品目については果物など120品目については15%、豚肉など8品目については25%の関税を上乗せするみたいです。
    貿易戦争が勃発した感じですかね。。ただ、これだけではなく知財についてもアメリカは問題視してるので、そちらについてどうなることか。。
    知財については日本や欧州についても同様なので、日本や欧州も同様に中国に対して問題視してほしいところですね。
  • 日銀短観で、大企業製造業の想定為替レート109.66円
    昨日、日銀の短観が発表されましたがその際の大企業製造業の2018年度 想定為替レートですが、109.66円みたいです。
    上半期は、109.63、下期が109.68になっていますが、上記のレートでも増益を見込んでるみたいなので、現在の105円後半が続くようなら減益になる可能性はありますが、このままの状態が続くとは思ってはいないので、問題ないとは思います。

FXトレード戦略

イギリスが休日のこともありNY市場が始まるまでは、あまり動きも106円30銭を挟んでの展開となっていました。NY市場が始まり株式の下落に伴い米ドル円やユーロドルも下落。
株については、700ドルを超える下落もありました。
それにともない為替も106円を割り105円半ばまで下落。リスクオフムードとなりました。

本日から新年度初のロンドン市場も動き出し、また、変わった展開になる可能性もあります。ただ、貿易戦争が懸念となってるので、さらなる下落もありえそうです。

米ドル円の1時間ごとの為替の動き(火曜日)

時間 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00
値幅 0.180 0.206 0.179 0.180 0.146 0.155 0.180 0.212
高値の平均時間(分) 27.727 32.182 27.909 23.000 24.000 27.636 28.636 24.364
高値の幅 0.086 0.091 0.130 0.058 0.058 0.093 0.093 0.088
安値の平均時間(分) 30.273 23.364 15.455 32.455 28.818 19.727 29.364 26.818
安値の幅 -0.095 -0.115 -0.049 -0.122 -0.088 -0.061 -0.087 -0.124
時間 17:00 18:00 19:00 20:00 21:00 22:00 23:00 0:00
値幅 0.236 0.149 0.189 0.173 0.162 0.244 0.212 0.265
高値の平均時間(分) 16.909 18.909 30.545 14.909 28.545 21.000 32.909 22.182
始値-高値の値幅 0.114 0.052 0.094 0.079 0.109 0.117 0.099 0.144
安値の平均時間(分) 24.091 26.727 17.636 30.727 18.818 41.636 27.727 29.364
始値-安値の値幅 -0.122 -0.098 -0.095 -0.094 -0.053 -0.127 -0.112 -0.121

米ドル円マーケットの分析

トレンド ハラミ
レンジ 105.50円 - 106.30円
レジスタライン 106.00, 106.30
サポートライン 105.30円 105.70円

経済指標

本日、発表予定の経済指標

日付 地域 経済指標 前回の結果
4/3 17:00 EU 3月製造業PMI・確報値 56.6

4月2日の経済指標の結果

日付 地域 経済指標 前回の結果 結果
4/2 10:45 中国 3月Caixin製造業購買担当者景気指数 60.8 51.0
4/2 23:00 アメリカ ISM製造業景況指数 60.8 59.3
4/2 23:00 アメリカ 2月建設支出 [前月比] 0.0% 0.1%

-FX
-, , , ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.