FX

米中、貿易戦争懸念後退

投稿日:

経済ニュース

米中の貿易摩擦が、アメリカ政府が、対中赤字で交渉を開始したとの報道で、懸念が和らぎました。

経済ニュース

  • ムニューシン財務長官が自動車と半導体の購入の拡大や金融セクターをさらに開放すべきと書簡を送った
    ムニューシン財務長官と中国の経済担当相との交渉が始まりました。アメリカ側は自動車、半導体、金融セクターの解放を訴えた模様です。中国側は半導体については、台湾、韓国からの輸入を抑えアメリカからの半導体の拡大するとの報道がありました。
    それにより懸念が後退し、為替は円が全面安の展開となりました
  • 在米してるロシア外交官を60人を追放
    アメリカがイギリスの毒殺未遂事件を受け、ロシア外交官をアメリカ国外に追放しました。また、EU連合の28加盟国のうち14カ国も同日、ロシア外交官の国外追放を決定したみたいです。
    ロシアとの対立が激しくなりそうです。ロシアは報復措置として外交官を追放するのでしょうか。。

FXトレード戦略

米中貿易摩擦の懸念が後退し、円の全面安となりました。本日も引き続き円安の展開が見込まれるところです。

1時間ごとの分析(火曜日)

時間 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00
値幅 0.180 0.211 0.179 0.194 0.152 0.166 0.190 0.225
高値の平均時間(分) 20.78 31.22 27.44 22.22 23.33 28.56 29.89 22.33
始値-高値の値幅 0.070 0.086 0.125 0.059 0.067 0.103 0.100 0.095
安値の平均時間(分) 36.78 19.00 18.78 35.78 28.11 20.11 25.11 25.00
始値-安値の値幅 -0.111 -0.126 -0.054 -0.135 -0.085 -0.063 -0.090 -0.130
時間 17:00 18:00 19:00 20:00 21:00 22:00 23:00 0:00
値幅 0.246 0.153 0.204 0.189 0.168 0.266 0.216 0.275
高値の平均時間(分) 18.44 14.22 28.56 16.78 28.56 21.33 30.56 24.78
始値-高値の値幅 0.133 0.043 0.089 0.093 0.110 0.120 0.095 0.167
安値の平均時間(分) 17.67 32.00 19.56 26.22 21.89 43.11 27.89 27.78
始値-安値の値幅 -0.113 -0.109 -0.115 -0.097 -0.058 -0.146 -0.121 -0.108

マーケットの分析

日足は包み線となり転換の暗示となります。

トレンド 包み線の転換暗示
レンジ 105.00円 - 106.50円
レジスタライン 105.00, 105.80
サポートライン 105.40円 105.00円

経済指標

本日発表予定の経済指標になります。

本日発表予定の経済指標

日付 地域 経済指標 前回の結果
3/27 18:00 EU 3月経済信頼感 114.1
3/27 18:00 EU 3月消費者信頼感指数 0.1
3/27 22:00 アメリカ 1月S&Pケースシラー住宅価格指数 204.45
3/27 23:00 アメリカ 3月消費者信頼感指数 130.8
3/27 21:30 アメリカ 10-12月期GDP・確報値 2.5%
3/27 21:30 アメリカ 10-12月期個人消費・確報値 3.8%
3/27 21:30 アメリカ 10-12月期GDPデフレーター 2.3%
3/27 21:30 アメリカ 10-12月期コアPCEデフレーター 1.9%
3/27 23:30 アメリカ 週間原油在庫 -262.2万バレル
3/27 23:30 アメリカ 週間ガソリン在庫 -169.3万バレル

-FX
-, , , ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.