FX

12月4日の為替の動きと経済指標

投稿日:

為替の動き

12月4日の為替は、税制改革法案の可決でドル高トレンドになると思いましたが、場が始まってからはもみ合いが続きました。始値は確かに前日比で60銭ぐらいのドル高になりましたが、そこからはもみ合いで、高値でも113円10銭に届かないぐらいの高値で終わりました。むしろ逆にドル安となっていき、112円30銭台まで下落しました。

1日を通してみると、0時ごろまでもみ合いでそれ以降は下落トレンドとなり、下落幅は、60銭ぐらいとなりました。

アメリカ10年国債も2.4%台から2.3%まで下落し、正直動きが今見えてない状態です。

税制改革法案で可決して上院と下院の1本化するためのすり合わせ作業が行われると思いますが、これが懸念事項なのでしょうか。または、債務上限が切れる12月8日が懸念事項となっているのでしょうか。ドルの上値が重い状況となっています。

経済指標では、製造業新規受注が-0.1%と予想より数字が良かったのですが、前回の結果からは大幅に減少している状態です。

 経済指標

12月4日の経済指標になります。

日付 経済指標 前回の結果 結果
12/4 08:50 日本 11月マネタリーベース 14.5% 13.2%
12/4 14:00 日本 11月消費動向調査 44.5 44.9
12/4 19:00 EU 10月生産者物価指数 2.9% 2.5%
12/4 翌0:00 アメリカ 10月製造業新規受注 1.4% -0.1%

 

-FX
-, ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.