FX

非農業部門の雇用統計、予想を上回る

投稿日:

2月2日の経済ニュースと為替の動き

非農業部門雇用者数が予想の18万人を上回る数字になりました。

経済ニュース

  • 日銀、指値オペ実行
    日銀は、金利水準を0.11%で指値オペを実行。定例の国債買入も、満期まで5年超10年以下の国債を4500億円と前回から400億円増額しました。指値オペを受けて、米ドル円が約20銭ほど上昇。指値オペは約7か月ぶりに実行。10年国債利回りをコントロールするためになりますね。。国債の買い入れ額が一時期減少した結果による出口戦略観測を吹き飛ばすためのものでもあるようです。
  • アメリカ、非農業部門雇用統計が予想を上回る増加
    アメリカの非農業部門雇用統計ですが、予想18万人に対して結果が20万人となりました。米ドル円が急上昇。109円90銭前後で推移してたのが、110円30銭まで上昇。その後は、2月2日の高値になる110円47銭まで上昇しました。一方、平均時給は、前月比0.3%と市場予想と一致。前年同月比で2.8%増となりました。これは09年以来の伸びになるそうです。
  • ロシア疑惑の捜査の文書を公開
    2016年のアメリカ大統領選にロシアが介入した疑惑の捜査の文書を公開したようです。共和党、民主党で攻防があるみたいですね。。。

為替の動き

日中は、日銀の指値オペでなのか、一時下落したもののほぼ上昇となりました。ロンドン勢が参加し始めて、19時には110円手前まで上昇しました。その後は、雇用統計の発表があるまで、110円手前で推移していきました。雇用統計で、110円を突破し、1時前に110円47銭まで上昇しました。その後は、ロシア疑惑の文書公開による影響か不明ですが、110円割れこそなかったものの、110円01銭まで下落しました。朝7時に週末ENDを迎えたときは、110円20銭前後になりました。

ロシア疑惑の文書公開が来週にどこまで影響もたらすのかが不明ですが、個人的にはドル高方向に動いてもらえると嬉しいですね(笑)

経済指標

2月2日の経済指標の結果になります。

2月2日の経済指標の結果

日付 地域 経済指標 前回の結果 結果
2/2 19:00 EU 12月生産者物価指数 2.8% 2.2%
2/2 22:30 アメリカ 1月非農業部門雇用者数 14万8000人 20万人
2/2 22:30 アメリカ 1月失業率 4.1% 4.1%
2/2 22:30 アメリカ 1月平均時給 0.3% 0.3%
2/2 翌0:00 アメリカ 1月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 94.4 95.7
2/2 翌0:00 アメリカ 12月製造業受注指数 1.3% 1.7%

-FX
-, ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.