FX

12月22日の為替の動きと経済指標

投稿日:

12月22日の為替の動きと経済指標

12月22日は、クリスマス休暇直前のためか小幅な動きでした。カタルーニャ州の議会選挙も結果がわかりましたが、今後、スペイン、カタルーニャ、EUと中東でちょい混乱が出てきそうです。それにイギリスのEU離脱についてもありますので、EUの経済が良くなってるとは言え、不安が付きまといます。

12月22日の為替の動き

朝9時ごろに113円20銭台後半を付けて、その後は、113円20銭後半~30銭後半の間で推移していき、ロンドン株式市場が開場する17時で113円40銭を超えました。ただ、その勢いは続かずにすぐに下落。その後は、10銭前後を上げた113円30銭~40銭前半で推移していきました。22時30分に発表があった経済指標のうち、PCEデフレーターが予想通り個人消費が予想をやや上回る状態で、個人所得や耐久財、コア耐久財などは予想を下回る結果となりました。

その結果、22時30分ごろでは、安値、高値を超えないまでも、少し乱高下していました。

0時に発表された新規住宅販売件数も73.3万件と予想を大幅に上回る件数だったため、一気に上昇しましたが、やはり一時的な状態ですぐに下落となりました。その後は3時ごろまで下落が続きそれ以降に横ばいとなり、113円30銭前後で週末の終値を迎えました。

月曜日はクリスマス休暇となっており、私が契約してるFX会社は取引が15時までみたいです。月曜日は、急騰急落する可能性が高いので取引する方は気を付けましょう。

経済ニュース

カタルーニャ州の議会選挙ですが、定数が135議席で、うち70議席が独立支持派みたいです。独立派については、目標追求の方法を巡っては、意見が分かれてるみたいですが、この方法が変な方向に行けば反発は必須だと思いますのでできれば穏健な方法にしてほしいですね。

それでも独立できるかという点となるとだいぶ厳しい気がしますが。。

アメリカですが、1月19日までの暫定予算案と税制改革法案にトランプ大統領が署名したみたいです。とりあえず1月19日までは、議会が閉鎖することは免れましたが、1月19日近くになればやはり次の予算案の話になってきますので、気になるところです。

税制改革法案の法人税の税率適用は2018年1月1日から適用されるようです。それにより賃金が上がれば、支持率も回復する可能性もありますが、エルサレム問題や囁かれてる白人主義、新しい入国制限などで、最高裁から違法認定されてるみたいです。後はロシア疑惑ってところですね。来年もいろいろと振りまわれそうな年になりそうです。

12月22日の経済指標

 経済指標の結果

日付 地域 経済指標 前回の結果 結果
12/22 22:30 アメリカ 11月個人所得 0.4% 0.3%
12/22 22:30 アメリカ 11月個人消費支出 0.3% 0.6%
12/22 22:30 アメリカ 11月コアPCEデフレーター 0.2% 0.1%
12/22 22:30 アメリカ 11月耐久財受注 -0.8% -0.1%
12/22 22:30 アメリカ 11月コア耐久財受注 0.9% 1.3%
12/22 翌0:00 アメリカ 11月新築住宅販売件数 68.5万件 73.3万件
12/22 翌0:00 アメリカ 12月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 96.8 95.9

-FX
-,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.