FX

朝鮮半島における軍事行動

更新日:

韓国の文在寅大統領が201年8月15日、朝鮮半島における軍事行動は韓国によってのみ決定が可能だと述べ、韓国政府はあらゆる手段で戦争を回避すると表明した。
ロイター通信:記事

北朝鮮がミサイルを発射した場合、アメリカは特に気にせずに朝鮮半島で軍事行動を行すことになると思います。
韓国の大統領がどのような意図で表明したのかは不明ですが、北朝鮮や中国の擁護をしてるように見えます。
中国も韓国と同様な話をしており、こちらは北朝鮮のトップが変わってほしくないのかなと思います。昔になりますが、アメリカが北朝鮮に攻撃したら韓国(ソウル市民)は、日本を相手に戦いますという話がありました。

この場合は、一般人のインタビューでのそういった回答になってると思いますが、韓国政府はどのように対応するのか。。
朝鮮半島での軍事行動といってる以上、陸に上がり制圧する場合は、韓国経由になる可能性が非常に高いと思います。その際にアメリカ軍の軍事行動が阻害されなければいいのですが。。

北朝鮮とアメリカが戦争になった時に、中国とロシアがどのように動くのかってところですかね。中国およびロシアとしては社会主義寄りのトップから資本主義に代わってほしくないってのが一番の理由になるので、できる限り北朝鮮の核攻撃は抑えるのではないでしょうか。

先週の北朝鮮のミサイル発射の警告の週が底値になり、今週に入り対ドルで円安になってると思ってたところ、8月16日に前日比で0.5円ぐらいの円高になっていました。

現時点(17時30分ごろ)の値段も110.04円付近で昨日よりも0.1円ぐらいですが円高になっております。この円高が調整のためであれば良いのですが、米朝の問題もあり乱高下する可能性が非常に高いとは思っております。

アメリカの10年の金利も若干ではありますが落ちているため、リスク回避先として債権に資金が回っているのでしょうか。

今後、米朝については、注目する必要がありますね。

-FX,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.