FX

IMMポジションと9月10日の週の経済指標

投稿日:

IMMポジション

今週は、トランプ大統領の日本との貿易戦争についての話題、アメリカの中国に対しての追加関税。あとは、ドイツとイギリスのEU離脱についての条件取り下げなどがありました。

EUとかNAFTAとかでも思いましたが、トランプ大統領は同盟国の経済を混乱させて何をするつもりだろうと思うのだが。。。
アメリカの貿易赤字をなくしたいと思うのはわかりますが、アメリカ国内で海外でも売れる製品を作る方針に変更したほうがいいと思うが。。
現行、トランプ大統領になって一番うれしいと思ってるのが、ロシアですかね。。
中国は貿易摩擦、対イギリスはあまりニュースがない気がしますが、ドイツ(EU)は、自動車とアルミになりますかね。。。
メキシコはNAFTAとの交渉は終わりましたが、カナダとはまだ交渉中です。

トランプ大統領の外交の政策方法を見ていくと、最初に難癖付けてさらにアメリカの良いところで落としどころを付ける。って形になるので、トランプ大統領に目を付けられた国は悪い印象しかありませんね。
トランプ大統領が何を目指して政策を考えてるのかが不明です。今後もトランプ大統領の発言については、注視しておく必要があります。

IMMポジションですが、円はドル買が進行。ユーロ、ポンドはドル売となりました。
ユーロについては、ポジションが反転し、LONGがSHORTを上回りました。日本との貿易協議の話があり、リスクオフがさらに進むと思っていいと思います。

 

JPY

日付 LONG 前週比 SHORT 前週比 差引 総建玉
2018/08/7 46,136 -1,880 108,943 -7,530 -62,807 187,902
2018/08/14 49,369 3,233 107,737 -1,206 -58,368 185,834
2018/08/21 54,116 4,747 101,522 -6,215 -47,406 189,698
2018/08/28 50,230 -3,886 96,271 -5,251 -46,041 185,082
2018/09/04 47,572 -2,658 99,504 3,233 -51,932 185,347

EUR

日付 LONG 前週比 SHORT 前週比 差引 総建玉
2018/08/14 188,428 10,505 190,217 22,859 -1,789 526,571
2018/08/21 188,907 479 193,748 3,531 -4,841 532,137
2018/08/28 171,359 -17,548 178,578 -15,170 -7,219 529,124
2018/09/4 173,335 1,976 165,37 -13,206 7,963 527,579

GBP

日付 LONG 前週比 SHORT 前週比 差引 総建玉
2018/08/14 60,028 16,098 120,769 17,987 -60,741 245,490
2018/08/21 68,091 8,063 140,429 19,660 -72,338 267,219
2018/08/28 58,662 -9,429 135,590 -4,839 -76,928 260,228
2018/08/7 64,040 5,378 133,653 -1,937 -69,613 261,700

経済指標

日付 地域 経済指標
9/10 08:50 日本 4-6月期GDP・改定値
9/10 08:50 日本 7月国際収支・経常収支
9/10 08:50 日本 7月国際収支・貿易収支
9/10 17:30 イギリス 7月鉱工業生産指数
9/10 17:30 イギリス 7月製造業生産指数
9/10 17:30 イギリス 7月貿易収支
9/11 17:30 イギリス 8月失業保険申請件数
9/11 17:30 イギリス 8月失業率
9/12 18:00 EU 7月鉱工業生産
9/12 21:30 アメリカ PPI
9/13 08:50 日本 7月機械受注
9/13 20:00 イギリス BOE政策金利発表
9/13 20:45 EU ECB政策金利発表
9/13 21:30 アメリカ CPI
9/13 21:30 アメリカ 新規失業保険申請件数
9/14 18:00 EU 7月貿易収支
9/14 19:00 イギリス BOE総裁発言
9/14 21:30 アメリカ 8月小売売上高
9/14 21:30 アメリカ 8月輸入物価指数

-FX

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.