FX

EU離脱期間合意

投稿日:

経済ニュースと本日のトレード戦略

2019年3月末でイギリスがEUを離脱した場合の移行期間を2020年末で合意したみたいです。

経済ニュース

  • イギリスのEU離脱後の移行期間、20年末で合意
    イギリスとEUで、2019年3月末でEUを離脱した場合の移行期間を2020年末で合意したと報道されました。ただ、離脱についての問題がすべて解消されたわけではなく、アイルランド国境問題など難題は先送りしたみたいです。
    離脱するにも時間がかかる上に離脱後に混乱が予想されてるので、かなり大変そうに見えますね。。。
  • フェイスブック利用者5000万人以上の個人情報を収集していたという疑惑
    トランプ陣営と契約した選挙コンサルティング会社がフェイスブックの規約違反でアカウント停止された教授からデータを取得して、そのデータを使用されていた可能性があるとのこと。
    5000万人という数字はアメリカの有権者の25%ぐらいの数字になるみたいです。5000万人全員が有権者とは思いませんが、それでも多大な影響がありそうですね。
    そのあたりで、フェイスブックのCEOが民主党、共和党両院から証人喚問がされるそうです。

FXトレード戦略

本日のトレード戦略

3月19日は、日足はほぼ寄り引き同時線(若干、上昇してますが。。)
日中は9時過ぎは上昇しましたが、すぐに下落して105円80銭前後で横ばいの展開が続きました。
その後、ロンドン勢が参加する16時ごろより上昇となり、21時ごろに3月19日の高値を更新しました。

その後、ロンドンフィキシング(冬時間)で、105円80銭台まで下落しましたが、5時ごろには、106円10銭ごろまで上昇しました。

本日は政治不安はあるものの、新たな不安となる材料はなく、イギリスのEU離脱の進捗が進むといった内容なので、ドル円については、特に関係ないと思います。

本日はFOMCの1日目であり、明日(3月22日の早朝3時すぎ)政策金利発表があり、本日も横ばいが予想されます。また、FOMCでは、政策委輪の利上げは確実視されており、FOMCの今後の利上げ回数が注目されています。これが4回になればサプライズとなり、為替相場が荒れる可能性があります。3月22日が気になるところです。

過去の火曜日の1時間ごと分析

時間 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00
値幅 0.192 0.210 0.160 0.193 0.153 0.161 0.201
高値の平均時間(分) 17.75 24.75 25.00 44.00 30.50 33.13 27.63
始値-高値の値幅 0.093 0.083 0.112 0.066 0.056 0.103 0.105
安値の平均時間(分) 32.11 25.22 18.56 30.33 31.22 20.44 25.78
始値-安値の値幅 -0.099 -0.127 -0.048 -0.128 -0.097 -0.058 -0.096
時間 16:00 17:00 18:00 19:00 20:00 21:00 22:00 23:00
値幅 22.89 16.89 17.89 30.22 16.33 29.11 21.11 34.67
高値の平均時間(分) 23.13 28.75 17.50 16.63 35.00 38.63 32.75 35.75
始値-高値の値幅 0.099 0.099 0.046 0.095 0.084 0.104 0.118 0.111
安値の平均時間(分) 24.00 23.67 28.33 18.56 31.67 22.56 38.00 24.56
始値-安値の値幅 -0.140 -0.121 -0.103 -0.079 -0.101 -0.062 -0.144 -0.114

マーケット分析

トレンド もみ合い
レンジ 105.60 - 106.38
サポート/レジスタンス 106.30 105.80

経済指標

本日、発表予定になります。

本日の経済指標予定

日付 地域 経済指標 前回の結果
3/20 翌0:00 EU 3月消費者信頼感・速報値 0.1%

3月19日の経済指標の結果

日付 地域 経済指標 前回の結果 結果
3/19 19:00 EU 1月貿易収支 254億ユーロ 33億ユーロ
3/19 19:00 EU 1月建設支出 0.1% -2.2%

-FX
-, , , ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.