FX

EU、報復関税を検討

投稿日:

3月6日の経済ニュースと為替の動き

トランプ大統領が行おうとしてる鉄鋼とアルミの追加関税に対して、EUが報復関税を検討。かなり幅広い分野に広がりそうです。

経済ニュース

  • EUで鉄鋼、アルミの追加関税対しての報復関税
    EUで報復関税が検討されていますが、報復関税の品目がかなり広い状況で検討されてるようです。品目としては、鉄鋼や工業製品、靴やジーンズ、オレンジジュースなどが検討されてるみたいです。で、この項目ですがどうも共和党が当選している州の品が多いらしく中間選挙に影響がでてきそうです。
  • アメリカ、北朝鮮と対話に前向き
    北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を凍結するとの公表で、アメリカが北朝鮮との対話に前向きの考えを示しました。
    ただ、非核化やミサイル発射の凍結を本当に行うかどうかの疑問視もあるため、警戒はしてる模様です。
    ドル円については、この発表を受けても影響は特に受けませんでした。
    とりあえずは、戦争というのは回避できそうですね。経済制裁がだいぶ効いてるよう見えます。

為替の動き

午前中は若干の上昇。午後からは下落となりました。19時まで下落後、その後もみ合いとなり、20時以降にドル高になりましたが、日中の高値に届きませんでしたが、106円43銭まで上昇しました。その後は、105円90銭~106円30銭以下で動いていました。
日足で見ると同事線(若干の安値)の形になりました。

経済指標

本日はADP雇用統計の発表があります。

本日発表予定の経済指標

日付 地域 経済指標 前回の結果
3/7 19:00 EU 10-12月期GDP・確報値(前年比) 2.7%
3/7 22:15 アメリカ 2月ADP全国雇用者数 23万4000人
3/7 22:30 アメリカ 10-12月期非農業部門労働生産性・確報値 -0.1%
3/7 22:30 アメリカ 10-12月期単位労働コスト・確報値 2.0%
3/7 22:30 アメリカ 1月貿易収支 531億ドル
3/ 7翌0:30 アメリカ 週間原油在庫 301.9万バレル
3/7 翌0:30 アメリカ 週間ガソリン在庫 248.3万
3/7 翌5:00 アメリカ 1月消費者信用残高 184.47億ドル

3月6日の経済指標の結果

日付 地域 経済指標 前回の結果 結果
3/5 10:45 中国 2月Caixinサービス業PMI 54.7 54.2
3/5 18:00 EU 2月総合PMI・確報値 57.5 57.1
3/5 18:00 EU 2月サービス業PMI・確報値 57.5 56.2
3/5 19:00 EU 1月小売売上高 -1.1% -0.1%
3/5 翌0:00 アメリカ 2月ISM非製造業景況指数 59.9 59.5

-FX

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.