FX

ロシアと欧米の対立、激化

投稿日:

3月15日の経済ニュースとFXトレード戦略

アメリカでも大統領選で介入があったとみて、対ロシアで金融制裁を発動。

経済ニュース

  • アメリカの財務省が、ロシアの5つの団体と19の個人に対して、金融制裁を発動
    2016年の大統領選でロシアがサイバー攻撃をしたとのことで、ロシアの5つの団体と19の個人に対して、金融制裁を発動しました。
    ある意味、ようやく制裁が発動したという状況でしょうか。トランプ氏は直接関係はないかもしれませんが、大統領選でトランプ大統領への支援するような行動をロシアがしていたので、トランプ氏も動きが鈍い状況なのでしょうか。そのあたりの心情はわかりませんが、ようやく動き出した感じがします。
    で、イギリスに引き続きロシアに対しての制裁が発動していました。ロシアの大統領選が今週末にあるロシア大統領選はプーチン大統領がほぼ確実視されています。逆にこのタイミングでこの騒ぎとなると、諸外国で問題を発生させ、プーチン大統領が国内に対して強気の態度を行うことで票集めしてる可能性もある気がします。妄想の類になりますが(笑)
  • ロシア、イギリスの外交官を追放
    イギリスがロシア外交官を追放したことにより報復措置として、ロシアもイギリスの外交官を追放したみたいです。票集めに奔走してるような気もしますが、この一連の流れがロシア側の陰謀説(笑)だとしたら何を狙ってるのかが気になるところです。
  • トランプ・オーガニゼーションに対し召喚状を送付
    ロシア関連文書を含む文書提出を求める召喚状を送ったとアメリカニューヨークタイムズが報道したみたいです。
    トランプ氏に段々と迫ってきてる状況な気もします。トランプ大統領がかかわっていたら今後どうなることに成るのでしょうか。
    ある一定数以上の議員の賛同(上下院双方の議会の投票によって議員の3分の2の得票)があれば大統領を罷免できる制度があるらしいですが、ほぼ現時点では、上院は共和党と民主党の割合は五分五分、下院は共和党が半数以上を占めてる状態です。11月の選挙次第で変わってきますね。

FXトレード戦略

昨日は、日中は下落し、105円割れが発生しました。朝3時30分すぎより急上昇し、一時、106円40銭となりました。結果としては昨日は上昇しました。そして本日ですが、現時点ではトランプ・オーガニゼーションに対し召喚状というのが政治不安の1つとしてありますが、ロシア疑惑が進むことにより懸念が払拭されたことが好感されての上昇な気がします。
昨日の足は下影陽線となっていますので、上昇転換の兆しの可能性とも言えます。また、先週から上昇しようとして政治不安等で下落していますので、それが一段落したら上昇するとは思っています。
そのロシア疑惑の捜査が進むことにより本日は上昇する可能性が高いと思っています。

各時間による値幅や1時間足の高安の平均分

時間 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00
値幅 0.229 0.289 0.196 0.153 0.183 0.151 0.185
高値の平均時間(分) 45.50 15.88 24.00 32.88 27.88 27.88 35.75
始値-高値の値幅 0.159 0.14 0.106 0.087 0.075 0.073 0.0965
安値の平均時間(分) 18.13 34.13 26.38 21.00 22.88 24.63 26.00
始値-安値の値幅 -0.07 -0.149 -0.089 -0.066 -0.108 -0.078 -0.088
時間 16:00 17:00 18:00 19:00 20:00 21:00 22:00 23:00
値幅 0.205 0.188 0.185 0.136 0.186 0.172 0.299 0.269
高値の平均時間(分) 16.63 8.88 40.75 18.25 25.13 21.50 37.88 31.88
始値-高値の値幅 0.087 0.062 0.137 0.052 0.093 0.054 0.203 0.137
安値の平均時間(分) 29.25 28.88 13.50 37.75 27.00 30.25 16.50 28.63
始値-安値の値幅 -0.117 -0.126 -0.047 -0.084 -0.092 -0.117 -0.095 -0.132

経済指標

本日発表予定の経済指標

日付 地域 経済指標 前回の結果
3/16 13:30 日本 1月鉱工業生産・確報値 -6.6%
3/16 19:00 EU 2月消費者物価指数 1.2%
3/16 21:30 アメリカ 2月住宅着工件数 132.6万件
3/16 21:30 アメリカ 2月建設許可件数 139.6万件
3/16 21:30 アメリカ 2月鉱工業生産 -0.1%
3/16 21:30 アメリカ 2月設備稼働率 77.5%
3/16 21:30 アメリカ 3月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 99.7

3月15日の経済指標の結果

日付 地域 経済指標 前回の結果 結果
3/15 08:50 日本 前週分 対外中長期債 -1兆1885億円 1兆900億円
3/15 08:50 日本 前週分 対内株式 -4634億円 -4325億円
3/15 21:30 アメリカ NY連銀製造業景況指数 13.1 22.5
3/15 21:30 アメリカ 2月輸入物価指数 1.0% 0.4%
3/15 21:30 アメリカ 新規失業保険申請件数 23.1万件 22.6万件
3/15 21:30 アメリカ 3月フィラデルフィア連銀製造業指数 25.8 22.3
3/15 翌5:00 アメリカ 1月対米証券投資 273億ドル 621億ドル

 

-FX
-, , , ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.