FX

FOMC、物価見通し引き上げ

投稿日:

1月31日の経済ニュースと為替の動き

イエレンFRB議長の最後の連邦公開市場委員会。物価見通しを引き上げた形で退任となりました。

経済ニュース

  • トランプ大統領初の一般教書演説
    インフラ投資計画に民主党と共和党の協力を要請、貿易不均衡についての是正、「ドリーマー」の強制送還を猶予する制度「DACA」を撤廃する意向を表明、北朝鮮を「邪悪」と呼び、アメリカを脅かす可能性があるとの認識。とあまり予想通りですが、為替については特にありませんでした。
    為替の動きについては特に動くことはなかったと思います。
  • FOMCの声明文。
    イエレンFRB議長の最後の連邦公開市場委員会ですが、追加利上げは見送り。家計支出や設備投資、雇用は堅調、物価見通しは、中期的に2%近辺で安定するとの見方。利上げがさらに正当化される。とのことで、マーケットは3月の利上げを確実視してるとのことでした。
  • ADP雇用統計
    22:15に発表されたADP雇用統計ですが、予想を上回る結果となり、23.4万人となりました。予想は18.5万人。為替は一時的に乱高下しましたが、日付が変わるまでは発表前とほぼ同じ基準で推移しました。

為替の動きと為替予想レンジ

為替の動きとしては10時過ぎに109円10銭超えを狙いますが、戻されました。12時前に再度109円10銭台狙いますが押し戻されます。その後は、108円60銭前後まで下落し、そこからは上昇。日中に届かなかった、109円10銭台ですが、ロンドンフィキシングにかけてあっさりと突破。4時ごろまでは109円30銭前後で堅調に推移。FOMCの声明文で109円40銭を再度付けますが、その後は下落。ただ、109円割れはなく、109円20銭前後で、NY株式市場の終了を迎えました。また、アメリカ10年国債利回りも2.7%で堅調に推移してますが、ドルインデックスは、前日と同水準で推移していました。
ドルインデックスは弱いですが、ドル高傾向が見えてきた気がします。

本日の為替の予想レンジですが、109円80銭~108円40銭と考えています。高値は1月26日の高値付近。安値は昨日の安値付近を考えています。安値は弱いですがドルオーダーが108円40銭となっています。高値も109円80銭となっているのが根拠となります。ドル高傾向になっている気もするので、110円近くまで上昇する可能性はあるとみています。

経済指標

本日の経済指標

日付 地域 経済指標 前回の結果
2/1 10:45 中国 1月財新製造業PMI 51.5
2/1 22:30 アメリカ 10-12月期単位労働コスト・速報値 -0.2%
2/1 22:30 アメリカ 10-12月期非農業部門労働生産性・速報値 3.0%
2/1 22:30 アメリカ 新規失業保険適用件数 23.3万件
2/1 翌0:00 アメリカ 12月建設支出(前年同月比) 0.8%
2/1 翌0:00 アメリカ 1月ISM製造業景況指数 59.7

1月31日の経済指標

日付 地域 経済指標 前回の結果 結果
1/31 08:50 日本 12月鉱工業生産・速報値 0.5% 2.7%
1/31 10:00 中国 1月製造業購買担当者景気指数(PMI) 51.6 51.3
1/31 14:00 日本 12月新設住宅着工戸数 -0.4% -2.1%
1/31 19:00 EU 1月消費者物価指数・速報値 1.4% 1.3%
1/31 19:00 EU 12月失業率 8.7% 8.7%
1/31 22:15 アメリカ 1月ADP全国雇用者数 25万人 23.4万人
1/31 22:30 アメリカ 10-12月期雇用コスト指数(前期比) +0.7% 0.6%
1/31 23:45 アメリカ 1月シカゴ購買部協会景気指数 67.6 65.7
1/31 翌0:30 アメリカ 週間原油在庫 -107.1万バレル 677.6万バレル
1/31 翌0:30 アメリカ 週間ガソリン在庫 309万バレル -198万バレル
1/31 翌4:00 アメリカ FOMC政策金利発表 1.25-1.50% 1.25-1.50%

-FX
-, ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.