FX

IMMポジションと今週の経済指標

投稿日:

IMMポジションと経済指標

土曜日に発表のあったIMM通貨先物のポジションも投機筋はポジション数が減ってる状態ですね。また、来週の経済指標もGDP確報値や住宅関連指標、個人消費などの発表が待ち構えています。また、税制改革法案も共和党で反対していた上院議員2名も同意し、法案が通る可能性が大幅に上がりました。下院が19日に採決予定。上院も週半ばに行う予定みたいです。

IMMポジション

12日までのIMMポジション通貨は、税制改革法案の見通しの悪さなどかアラバマ州の選挙の影響かポジションが先週と比較して減っておりました。税制改革法案については、懸念材料が後退したこともあり、ドル買になる可能性はあります。月曜日については、ドルが上昇した状況で始まるとは思いますが、その後の下院の採決や上院の採決はあるので、乱高下する可能性は高いかなと思っています。

LONG 前週比 SHORT 前週比 差引
34,766 -5,027 149,033 -1,400 -114,267
31,747 -3,019 145,870 -3,163 -114,123

IMMポジショングラフ:

IMM総建玉グラフ:

来週の経済指標

12月18日の週の経済指標になります。

日付 地域 経済指標 前回の結果
12/18 8:50 日本 11月貿易収支 2854億円
12/18 19:00 EU 11月消費者物価指数 1.5%
12/19 22:30 アメリカ 11月住宅着工件数 129万件
12/19 22:30 アメリカ 11月建設許可件数 129.7万件
12/19 22:30 アメリカ 7-9月期経常収支 -1231億ドル
12/20 18:00 EU 10月経常収支 418億ユーロ
12/20 翌0:00 アメリカ 11月中古住宅販売件数 548万件
12/20 翌0:30 アメリカ 週間原油在庫 -511.7万バレル
12/20 翌0:30 アメリカ 週間ガソリン在庫 37.1万バレル
12/21 時間不明 日本 日銀金融政策決定会合結果公表
12/21 15:30 日本 黒田日銀総裁記者会見
12/21 22:30 アメリカ 7-9月期GDP・確報値 3.3%
12/21 22:30 アメリカ 7-9月期GDPデフレーター 2.1%
12/21 22:30 アメリカ 7-9月期個人消費・確報値 2.3%
12/21 22:30 アメリカ 7-9月期コアPCEデフレーター 1.4%
12/21 22:30 アメリカ 新規失業保険申請件数 22.5万件
12/21 22:30 アメリカ 12月フィラデルフィア連銀製造業指数 22.7
12/21 22:30 アメリカ 11月シカゴ連銀全米活動指数 0.65
12/21 23:00 アメリカ 10月住宅価格指数 0.3%
12/21 翌0:00 EU 12月消費者信頼感指数・速報値 1.2%
12/21 翌0:00 アメリカ 11月景気先行指数 1.2%
12/22 22:30 アメリカ 11月個人所得 0.4%
12/22 22:30 アメリカ 11月個人消費支出 0.3%
12/22 22:30 アメリカ 11月コアPCEデフレーター 0.2%
12/22 22:30 アメリカ 11月耐久財受注 -0.8%
12/22 22:30 アメリカ 11月コア耐久財受注 0.9%
12/22 翌0:000 アメリカ 11月新築住宅販売件数 68.5万件
12/22 翌0:00 アメリカ 12月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 96.8

-FX
-, , ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.