FX

11月29日の為替の動きと経済指標

投稿日:

為替の動き

日中はほぼ動きがなく111円30銭台~60銭台で推移。22時にイエレンFRB議長の発言により、ドルが急上昇。11円台を突破し、112円台になりました。

イエレンFRB議長は、アメリカの経済について、発言しておりさらに強まってるとの認識を示しました。

そして22時30分にGDP・改定値や個人消費・改定値が発表され、GDP・改定値は予想を上回る結果となりました。

その後、0時に中古住宅販売保留指数が発表され、こちらも予想を上回る結果となり、112円15銭と11月29日の高値を付けました。

その後、徐々に下落。111円70銭~112円台で推移していきました。

その他の経済指標で、原油在庫がありましたが前週比で大幅に減少となりましたが、ガソリン在庫はそれ以上に在庫が増えました。原油からどれくらいガソリンが精製されてるのかは不明ですが、原油の在庫減少以上にガソリンの在庫が増えたということは、ガソリンの使用量が一時的に減った可能性はありますね。

今後、注視していく必要があるかもしれません。

日足を見ると、ここ数日で上昇していますが、戻し売りになるのかこのまま上昇するのかは、税制改革法案の本会議の結果により変わってくると思います。本会議で税制改革法案が通れば、ドル高に転じると思っています。逆に通らなければ、失望売りにつながると思いますので、そのままドル安に動くとは思います。

経済指標

11月29日の経済指標になります。

日付 経済指標 前回の結果 結果
11/29 8:50 日本 10月小売売上高 (前年比) 2.2% -0.2%
11/29 19:00 EU 11月消費者信頼感・確報値 0.10% 0.1%
11/29 22:30 アメリカ 7-9月期GDP・改定値 (前期比年率) 3.00% 3.3%
11/29 22:30 アメリカ 7-9月期GDPデフレーター・改定値 (前期比年率) 2.20% 2.1%
11/29 22:30 アメリカ 7-9月期個人消費消費・改定値 2.40% 2.3%
11/29 22:30 アメリカ 7-9月期コアPCEデフレーター・改定値 1.30% 1.4%
11/29 翌0:00 アメリカ 10月中古住宅販売保留指数(前月比) 0.00% 3.5%
11/29 翌0:30 アメリカ 原油在庫 -185.5万バレル -342.9万バレル

-FX
-, ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.