不動産

不動産価格

投稿日:

ここ数年、中古マンションの区分所有の価格が上昇しています。
国土交通省の統計によると、全国平均でマンションの区分所有で約3割上昇している状態です。

中でも名古屋は、一番価格が上昇しております。
調べているときに、東京オリンピックの影響で、関東圏の価格が上がっているのかと思いましたが、そうでもありませんでした。

関東全体だと3割切る程度ですが、東京だけが3割を超えています。
また、大阪も3割5分ぐらい上昇しています。

人口の増加を確認したところ、大阪府全体では平成23年(2011)以降、少しづつではありますが人口が減少しております。

その中で住宅の価格が上がっているということは、住宅の購入意欲が高まったのと若干は、不動産投資が影響してるのではないかと思っています。

ただ、不動産投資も人口が減少すればリスクは高くなるため、違う可能性はあります。

一方、東京、名古屋は増加しており、住宅の購入意欲と不動産投資ともにありえそうな気がします。

2012年より中古マンションの区分所有の価格が上がる傾向が見え始めていますが、2013年の年始と年末で1割近い上昇になっています。
その後、順調に上がっており、2017年1月で3割を超えるようになりました。
中古マンションの区分所有のみであり、土地や戸建て住宅については、ほぼ横ばいに推移しております。

野村不動産アーバンネット株式会社で住宅購入に関する意識調査が実施されていました。(http://www.nomu.com/research/201707/)

その中で、今後の不動産価格について質問があり、22%の人が上がると思うという人がいるみたいです。横ばいが31%、下がると思ってる人が34%となっています。

個人的には東京オリンピックがある2020年までは、民泊などもあり、上がっていくのではないかと思っております。

-不動産

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.