FX

5月8日のFX関連ニュースとトレード戦略

投稿日:

FX関連ニュース

  • イラン、核合意の離脱判断8日に発表
    12日にイラン核合意の離脱を判断するとのことでしたが、日本時間の9日午前3時に前倒しするようです。
    今までのトランプ大統領の仕方を見る限り、イラン核合意に関する内容の修正で「〇〇であれば、離脱」または「〇〇がないと離脱」みたいな形になるのではないでしょうか。
    それを元に12日までにイラン核合意内容を修正する方向であれば離脱しないとかって形に落ち着きそうになる気がします。
  • NAFTA再交渉、閣僚会議が再開
    NAFTA再交渉の閣僚会議が7日ワシントンで再開しました。早期決着の機運がどうも高まってるみたいで、11月中間選挙に向けてのアピールの狙いもあるかと思います。
    少しでも良い条件で合意できれば選挙対策にはなりそうですが、今後も振り回されると思えば、微妙な気がします。。
  • 中国の4月貿易収支、287.8億ドル
    3月は49.8億ドルの赤字となりましたが、4月はプラスとなり287.8億ドルの黒字となりました。
    3月は米中貿易摩擦の話が多かったので、その影響だと考えてますが、アメリカの対中貿易赤字額はまだ増え続けるのかと思います。

FXトレード戦略(米ドル円)

昨日は横ばいとなりました。その結果、ローソク足が10SMAより下で推移するようになり、気迷状態ともいえる状況です。
本日の経済指標については特になく、12時ごろに中国の4月貿易収支が発表されていました。その発表で特に為替が動いてることもなく、本日も現時点でほぼ横ばいの状況です。
ただ、日本時間9日の午前3時にイラン核合意について発表がありますので、発表内容次第ですが、為替が下落に転じる可能性が高いと考えてます。

マーケット分析

トレンド 横ばい
レンジ 108.50円 - 109.70円
レジスタライン 109.50
サポートライン 108.50

1時間ごとの値段分析

時間 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00
上昇する確率 56.250 50.000 56.250 37.500 62.500
値幅 0.151 0.192 0.216 0.146 0.161
高値の平均時間(分) 28.188 26.000 20.188 19.625 30.625
高値の幅 0.077 0.081 0.104 0.064 0.089
安値の平均時間(分) 29.500 27.000 22.000 23.188 19.188
安値の幅 -0.074 -0.111 -0.111 -0.082 -0.072
時間 20:00 21:00 22:00 23:00 0:00
上昇する確率 56.250 68.750 50.000 50.000 56.250
値幅 0.150 0.140 0.215 0.203 0.238
高値の平均時間(分) 24.625 27.938 30.438 31.938 30.750
高値の幅 0.072 0.086 0.114 0.102 0.137
安値の平均時間(分) 24.750 23.375 35.563 26.938 26.250
安値の幅 -0.078 -0.054 -0.101 -0.101 -0.102
時間 翌9:00 翌10:00 翌11:00 翌12:00 翌13:00 翌14:00
始値から上昇する確率 43.750 56.250 50.000 31.250 50.000 56.250
値幅 0.160 0.199 0.223 0.135 0.136 0.113
高値の平均時間(分) 30.563 26.625 29.125 11.875 33.063 26.625
高値の幅 0.078 0.122 0.117 0.046 0.074 0.055
安値の平均時間(分) 32.625 22.438 23.125 36.688 22.875 23.688
安値の幅 -0.082 -0.078 -0.105 -0.089 -0.062 -0.058

-FX
-, , , ,

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.