FX

シリア化学兵器使用の疑いで、対応策を検討

投稿日:

経済ニュース

  • シリアの東グータ地区で4月7日に化学兵器が使用された疑い
    化学兵器を使用したのがアサド政権なのかロシア政府なのか協議してるみたいですが、この件について、トランプ大統領は9日中に何かしらの決定を下すようです。
    軍事行動なのか、アサド政権、ロシアに対しての経済制裁なのか不明ですが、手段に関しては、何も排除しないとのことです。(ロイター通信)
  • アメリカの財政赤字拡大
    アメリカ議会予算局は9日に、アメリカの財政赤字が1兆ドルに達するのが、前回の予想より2年早い2020年になるとのこと。
    それによりドル安に動きました。
    107円台になっていた米ドル円が、106円後半まで下落。
  • トランプ大統領の顧問弁護士、捜索
    FBIがトランプ大統領の顧問弁護士であるマイケル。コーエン氏の事務所を強制捜査し、文書を押収したそうです。
    さらに、政治不安が強くなりそうですね。。

FXトレード戦略

日中およびロンドン時間は順調に上昇。ロンドンフィキシング以降、下落に転じました。
シリアの化学兵器使用の疑いの問題、顧問弁護士の事務所の捜査、財政赤字の拡大と不安材料がさらに出てきました。

そのあたりを踏まえると、本日は下落するのではないかと思っています。また、本日は五十日(ごとおび)なので、仲値までは、どんな動きになるのか不明なので、9時55分以降に取引をしたほうがよさそうです。

1時間ごとの値段分析(火曜日)

時間 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00
値幅 0.175 0.203 0.176 0.176 0.143 0.146 0.179 0.221
高値の平均時間(分) 25.667 30.750 27.333 24.667 25.000 27.833 30.167 25.083
高値の幅 0.080 0.088 0.130 0.061 0.059 0.088 0.094 0.088
安値の平均時間(分) 30.833 24.083 14.250 30.750 28.167 19.750 29.667 29.083
安値の幅 -0.095 -0.114 -0.046 -0.115 -0.084 -0.058 -0.085 -0.133
時間 17:00 18:00 19:00 20:00 21:00 22:00 23:00 0:00
値幅 0.233 0.150 0.186 0.171 0.158 0.232 0.220 0.260
高値の平均時間(分) 18.167 18.250 32.250 17.417 29.667 23.833 33.500 24.750
始値-高値の値幅 0.121 0.060 0.095 0.078 0.106 0.112 0.114 0.143
安値の平均時間(分) 22.083 24.500 17.667 30.250 19.250 40.417 25.833 27.750
始値-安値の値幅 -0.112 -0.090 -0.091 -0.092 -0.052 -0.121 -0.106 -0.118

マーケット分析

トレンド 下放れ
レンジ 106.00円 - 107.50円
レジスタライン 107.00
サポートライン 106.50 106.00

経済指標

本日の経済指標

本日は生産者物価指数の発表で明日は、消費者物価指数の発表があります。重要な指標が続きますので、注視する必要があると思います。

日付 地域 経済指標 前回の結果
4/10 21:30 アメリカ 3月生産者物価指数 0.2%

4月9日の経済指標の結果

日付 地域 経済指標 前回の結果 結果
4/9 08:50 日本 2月経常収支 6074億円 2兆760億円
4/9 08:50 日本 2月貿易収支 -6666億円 1887億円
4/9 15:00 日本 3月景気ウォッチャー調査・現状判断DI 48.6 48.9
4/9 15:00 日本 3月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI 51.4 49.6

-FX

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.