取引時間

24時間取引可能

FXの取引時間は、日本時間の月曜朝5時にニュージーランドのウェリントン市場が開き、そこから各国の市場が開いていきます。最後にアメリカのニューヨーク市場が開き、朝7時(アメリカ冬時間)で終わります。

そのため取引できる時間は、日本時間だと月曜の朝5時~土曜の朝7時(夏時間だと1時間早めに取引終了)まで取引が可能となります。
日本在住の人はほぼ平日であれば24時間取引が可能となります。ここが株と違い社会人の方にもトレードできる時間があります。

スポンサーリンク

取引が活発となる時間帯で取引をしよう

24時間取引ができるからと言って常に活発に取引されてるかというとそうではありません。のちに記述しますが、取引が活発となる時間があります。
活発となる時間というのが、取引量が多い市場になり、東京市場、ロンドン市場、NY市場になります。その中でも、ロンドン市場の取引量が一番多く、次にNY市場が多いので、ロンドン市場とNY市場が始まった時間が一番活発に動きます。
ただ、今までトレードした中で一番値動きが激しいのが、アメリカの経済指標が発表される日本時間の22時30分(冬時間)からとNYの株式市場が開いた23時30分(冬時間)のタイミングで値動きが激しくなります。
また、ロンドンフィキシングの0時~1時までもよく動きます。その後は、朝4時ごろになると、FOMCやベージュブック等の公表があるので、その時間帯も動いたりします。

下記が各市場の対照表になります。
冬時間:

東京 ロンドン ニューヨーク
時差 -9時間 -14時間
東部時間
0 15 10 経済指標
00分:オプションカット
1 16 00分:ロンドンフィキシング
30分:株式市場終了
11
2 17 12
3 18 13
4 19 14
5 20 15
6 21 16 00分:株式市場終了
7 22 17 00分:スワップ金利
8 経済指標発表 23 18
9 00分:株式市場開始
55分:仲値
0 19
10 1 20
11 30分:前場終了 2 21
12 30分:後場開始 3 22
13 4 23
14 5 0
15 00分:株式市場終了
00分:東京オプションカット
6 1
16 7 ドイツ経済指標発表 2
17 8 00分:株式市場開始 3
18 9 イギリス経済指標発表 4
19 10 EU経済指標発表 5
20 11 6
21 12 7
22 13 8 30分:経済指標発表
23 14 9 30分:株式市場開始

スポンサーリンク

夏時間:

東京 ロンドン ニューヨーク
時差 -8時間 -13時間
東部時間
0 16 00分:ロンドンフィキシング
30分:株式市場終了
11
1 17 12
2 18 13
3 19 14
4 20 15
5 21 16 00分:株式市場終了
6 22 17 00分:スワップ金利
7 23 18
8 経済指標発表 0 19
9 00分:株式市場開始
55分:仲値
1 20
10 2 21
11 30分:前場終了 3 22
12 30分:後場開始 4 23
13 5 0
14 6 1
15 00分:株式市場終了
00分:東京オプションカット
7 ドイツ経済指標発表 2
16 8 00分:株式市場開始 3
17 9 イギリス経済指標発表 4
18 10 EU経済指標発表 5
19 11 6
20 12 7
21 13 8 30分:経済指標発表
22 14 9 30分:株式市場開始
23 15 10 経済指標
00分:オプションカット

更新日:

執筆者:桜ソフト

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.