証拠金とレバレッジ

証拠金

証拠金とは、新規トレードを行うために必ず必要な担保金となります。この証拠金は、レバレッジ(後述)や取引する通貨量によって金額は変わりますが、おおむね下記の計算式で求められますが、FX会社により変わってくるので、ご確認をお願いします。

計算式:

必要証拠金 = 為替レート(基準レート) × Lot数 ÷ レバレッジ比率

また、この必要証拠金ですが、取引する通貨量(Lot数)の最低証拠金になります。さらに為替変動で最低証拠金を下回った場合は、FX会社によって対応が変わりますが、ロスカット率というのが設定できます。

スポンサーリンク

レバレッジ

レバレッジとは、証拠金の式でわかる通り、ポジションを取った時に必要な証拠金額(担保金)を少なくしてくれる倍率となります。1万通貨でレバレッジの設定を1倍にすれば、1ドル110円なら約110万円の証拠金が必要となります。このレバレッジを10倍にすれば、約11万円の証拠金で1万通貨が取引できるようになります。
で、レバレッジを高くすれば、元手となる担保金の額は少なくなりますが、逆にレバレッジの設定を低くすればポジションを持つのに証拠金の必要額が多く必要となります。
このレバレッジですが、日本国内だと1倍~25倍の範囲内で設定できます。海外の口座だと100倍とかあります。
このレバレッジですが高レバレッジに設定するとリスクが大きいと言われていますが、そういったわけではありません。
高レバレッジに設定してもポジション数が多くできるだけであり、たとえ、低レバレッジでもポジション数を大きくすればリスクが高くなります。なので高レバレッジであってもポジション数を少なくして取引をすればさほど、リスクは高くありません。
よく言われてる高レバレッジだとリスクが高いと言われてる原因は、必要となる証拠金が少ないのでたくさんのポジションを持ってしまうこと思っています。なので、高レバレッジだとしてもポジション数を考えて持つようにしたほうが良いと思います。

スポンサーリンク

ロスカット率

ロスカット率とは、ポジションを保持した状態で、ポジションとは反対方向に為替が変動した場合、損失が大きくなっていきます。損失が口座に入ってる金額の何%までお金が減ったらロスカットするかの設定になります。

このロスカット率とは例として挙げるとしたら、下記のような形になります。

ロスカット率を50%に設定し、5万円で、米ドル円を1ドル110円で1万通貨買った場合、2円50銭下がると、口座の資金が2万5000円になり自動的にロスカットされてしまいます。

この措置は、口座がマイナスになることもあり、そのための措置になります。(状況によりこの設定があったとしてもマイナスになる可能性あります。)

この自動的にロスカットされることを強制ロスカットと言ったりします。この強制ロスカットになると、資産にだいぶダメージを受けますので、ポジションを取った時に、ロスカットの設定はなるべくしたほうが良いと思います。

更新日:

執筆者:桜ソフト

Copyright© 経済的自立を目指して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.